[OSM-ja] boundary=administrativeの県境未定箇所について

yuu hayashi hayashi.yuu @ gmail.com
2013年 10月 12日 (土) 15:09:37 UTC


じつは私も show-ihi さんとおなじく「暫定的とはいえ、存在しないものを書くのは許せない」派です。
理由はレンダリングされると区別がつかなくなるからです。
ですからこの問題はレンダリングとも関係があります。
暫定中、係争中でも双方が主張する「境界線」が存在するなら「"boundary=administrative,
disputed=yes"」でつなげればいいでしょう。これには異論がありません。
しかし、富士山のように双方ともに「境界線を主張しない」や「あえて境界線を定めない」場所は「境界線」がないから「
boundary=administrative」を付けないでほしい。
係争中でもないのだから「disputed=yes」もなしです。

私の意見をまとめると、

方式1の場合は、「boundary=administrative,disputed=yes
」のWAYではなく「タグ無しのWAY」で境界線がレンダリングがされないようにする。

方式2の場合は、異論はありません。(双方の主張する境界線がわかるならば)

方式3は、既に実装されているようです。
ただし、この場合は「県域」を書きたいという問題は全く改善されません。

もうひとつの方法は、「県域を表すリレーション」を「県境を表すrelation:type=boundary」 とは別に定義するというものです。
「レンダリングはどうでもいい」というのならば「独自リレーション」を作成して「千葉県」を完成させるのもいいのではないでしょうか。




2013年10月12日 22:45 Satoshi IIDA <nyampire @ gmail.com>:

>
> いいだです。
>
> > osaponさん
> はい、その解決策が、僕の提案した
> 解決策2(お互いの主張する領域がしっかりしてれば、それをお互いに適用する)です。
> それぞれの自治体が主張する領域がOSMと互換性のあるライセンスで出ていてる必要があり、
> わりとハードルが高いのでは、となっています。
>
>
> > Show-ichiさん
> GIS用語でいうところの「ポリゴン」は、
> OSMではラインの結合であるエリア、として表わされています。
> そして、GISでいうポリゴンは、その1つの辺が壊れていることは、ありえないことです。
> (ポリゴン自体が、辺の欠落したデータを表すことが可能な構造ではない)
>
> そして、ポリゴンの一部が欠落している状態を「まるで結合してるのかのように」表すのは、
> 既にそのような特許があるレベルで困難な実装と聞いています。
> (近傍検索や、属性類似のアルゴリズム、特にエラー処理が困難らしい)
> なので、その実装を日本のOSMデータを扱うすべてのソフトウェアに実装を期待することは、現実的には難しいと考えています。
> そういうライブラリがあれば別でしょうが、
> そのような特許があるとすれば、ライブラリの開発自体も難しくなるでしょう。
> なので、実装上の問題として、現実的ではないと考えます。
>
>
> > 林さん
> レンダリングの問題と、データ構造の問題があるので、分離します。
>
> > レンダリングの問題
> はい、僕はレンダリングはどうでもいいです。
> データ構造が閉じていれば、なんでもかまいません。
> なので、レンダリングは、osm.org上では別に全体的に無色透明でもOKです。
>
> たとえば、こんなかんじのリレーションでもよいわけです。
> (実データ投入してしまって本当にスミマセン。。。)
> http://www.openstreetmap.org/browse/relation/3258263
>
> これでも、リレーションはウェイとして、閉じます。
> これは、
> ・リレーション(type=boundary)を作成する。タグは、type=boundaryを付与する。
> ・memberであるウェイに対して boundary=administrative を付与する
> ・memberではあるが、境界未定部分であるウェイに対してはなにもタグをふらない
> という例です。
>
> ですが、Show-ichiさんが主張する論点はそこではないようにおもいます。
> 例えば、ウェイに対して何もタグを割り振っていない、上記のリレーションに属している
> http://www.openstreetmap.org/browse/way/241580379
> の状態を「それは存在しないはずものであり、暫定的であっても存在を許せないウェイである」といっている、と認識しています。
>
> 私は、レンダリングはどうでもよく、
> 「ウェイとして閉じていないと、「ポリゴンXXで閉じている範囲内に存在するオブジェクトに絞った対象のYY」というクエリが
> OSMの土台であるPostGIS上などで記述できず、統計や検索で大きく不都合が生じる」ので、
> 「暫定的にウェイを作成してリレーションを閉じさせてもらいたい」という立場です。
> Show-ihiさんは「暫定的とはいえ、存在しないものを書くのは許せない、実装で回避すべきである」という立場と認識しています。
>
>
>
>
>
> 2013年10月12日 17:52 yuu hayashi <hayashi.yuu @ gmail.com>:
>
> いろいろ実験してみたところ結論としては、
>> 飯田さんの「3. ウェイの外周を閉じなくてもよいよう、リレーションの仕様を拡張する」が既に実装されているようです。
>> よって、私がいう「タグ無しWAY」も必要ありません。
>> 単に未確定の境界は”RELETIONに含めない”(エリアとして閉じなくても良い)で良いようです。
>>
>> RELATION-boundary はその名が示すように「県域」ではなく「県境」を示すようです。
>> レンダリングもその意味で表現するようです。
>> 河川や海や道路にWAY:
>> boundary=administrativeを付けなくともrelation-boundaryに含めることで境界線としてレンダリングされます。
>> また、relationは閉じなくても境界線としてちゃんとレンダリングされます。
>>
>>
>>
>> 2013年10月12日 16:48 yuu hayashi <hayashi.yuu @ gmail.com>:
>>
>> 自己レスです。
>>>
>>> ”RELATION=boundary”はそもそもレンダリングされないはずです。(誤)
>>> といいましたが「admin_level=3」ではレンダリングされるようです。
>>> ただし、”WAY:boundary=administrative”と”タグ無し”では微妙にレンダリング表現が違っています。
>>>
>>>
>>>
>>> 2013年10月12日 16:16 yuu hayashi <hayashi.yuu @ gmail.com>:
>>>
>>> 飯田さんの最初の話では「未確定の県境」をどうすればいいかということだったのですが、
>>>> > 実は「県境」ではなく、県境をつなげた閉じたエリアを作りたい
>>>> という事なので、問題は”「県境」ではなく「県域」を表現したい” ということですね。
>>>>
>>>> わたしはそんなに悩むような問題ではないとおもうのですが・・・
>>>>
>>>> 「県境」と「県域」は区別して考えてみてください。
>>>>
>>>> boundary=administrativeは「県境」を表すタグで”WAY”につける・・・とosm-wikiにあります。
>>>> ウェイにboundary=administrativeをつければ”県境”としてレンダリングされます。
>>>> たまたまWAYの開始と終点がつながってエリアを形成したとしてもboundary=administrativeはWAYとして認識されます。
>>>> 未確定の県境とは、そもそも県境が存在しないのだからboundary=administrativeをつけるべきノードもウェイもなし。
>>>> ここまでは、みなさん誰もが認識していることだとおもいます。
>>>>
>>>> 一方、「県域」のほうですが、ややこしいことにこちらも
>>>> boundary=administrativeになってますが、こちらはWAYではなくrelationです。
>>>> 飯田さんがおっしゃる通り、県域は通常、「海岸線」や「河川」「尾根線」などの”線”をつないで構成されます。
>>>> 「県境」も「県域リレーション」を構成する線に指定することができますが、relation:type=boundary,
>>>> boundary=administrative,admin=level=3のメンバーは必ずしもway:
>>>> boundary=administrativeだけで構成する必要はないので「県境」がなければ"川”でも”海”でもつないでいけばいいはずです。
>>>>
>>>> では、relation:type=boundaryのウェイを閉じるにはどうすればよいか?
>>>> タグ無しのWAYでつなげてください。
>>>> (内田さんのおっしゃっているのもこのことだと思います)
>>>>
>>>> 最後に、レンダリングの問題ですが、
>>>> ”RELATION=boundary”はそもそもレンダリングされないはずです。
>>>>  レンダリングされているのは”WAY:boundary=administrative”。
>>>>  もちろん、タグ無しのWAYも、レンダリングされません。
>>>>
>>>> これで、
>>>> ・未確定の県境に暫定的なWAYを作らなくてもすむ
>>>> ・リレーションのWAYも閉じられます。
>>>>  ・未確定部分は「県境」としてレンダリングされません。
>>>>
>>>>
>>>>
>>>>
>>>>
>>>> 2013年10月12日 12:39 長村善行 <osa @ osa-p.net>:
>>>>
>>>> 長村(osapon)です。
>>>>>
>>>>> 県境が未確定ということは、
>>>>> お互いの県が主張する境があるわけで、
>>>>> それを両方書くことはできないのでしょうか?
>>>>> そうしたら、ポリゴンも閉じるし、レンダリング上も両方に属している地域が
>>>>> 見えると思うのですが。
>>>>>
>>>>> 国境未定地域とかはどうなっているのかなと見てみたら、
>>>>> 実効支配している範囲で書かれているっぽいですね。
>>>>>
>>>>> --
>>>>>
>>>>> +-----------------------------------------------------------------------+
>>>>>  NAME :長村善行
>>>>>  EMAIL :osa @ osa-p.net
>>>>>
>>>>> +-----------------------------------------------------------------------+
>>>>>
>>>>> _______________________________________________
>>>>> Talk-ja mailing list
>>>>> Talk-ja @ openstreetmap.org
>>>>> https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>>>>
>>>>
>>>>
>>>
>>
>> _______________________________________________
>> Talk-ja mailing list
>> Talk-ja @ openstreetmap.org
>> https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>
>>
>
>
> --
> Satoshi IIDA
> mail: nyampire @ gmail.com
> twitter: @nyampire
>
> _______________________________________________
> Talk-ja mailing list
> Talk-ja @ openstreetmap.org
> https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>
>
-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: <http://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-ja/attachments/20131013/ed0ec494/attachment.html>


Talk-ja メーリングリストの案内