[OSM-ja] ふじのくにオープンデータカタログの利用

Tomomichi Hayakawa tom.hayakawa @ gmail.com
2013年 11月 29日 (金) 07:58:36 UTC


Tomです。

> 1. 日本のOpenDataのカタログページをつくる

って、このページの事かな?
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Japan_OpenData


2013年11月29日 16:52 Satoshi IIDA <nyampire @ gmail.com>:
>
> いいだです。
>
> いいですね! とても使いたいデータが多いので、ぜひ進めたいです。
>
> Importではない、Adding Potential Datasourceについて、
> こういう時にどうするのがいいのか、以前、Imports MLで聞いてみたことがあるのですが、
> no responseだったので、ちょっと悲しく思っていました。
> https://lists.openstreetmap.org/pipermail/imports/2013-August/002127.html
>
> たぶん、こんなかんじになろうかと思っています。
>
>  1. Write OSM wiki page about each "nice" data source.
>     Explain their column, tagging and EPSG for each data on that page.
> (surely includes the expression of source tag.)
>
> 利用したいデータについて説明するOSM wikiページを作成。
> ページ内にて、利用したいカラムと対応するタグ情報、EPSG、ライセンス、利用方法(トレース利用可能にするまでの手順)、
> および、sourceタグのつけかたについて説明する。
>
>   2. Add a link on [Potential Data Source] page.
>     *http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Potential_Datasources*
>     Maybe some need on [Contributors] page, too?
>     *http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Contributors*
>     2013/11/29 add:
>     IMHO, it is better to make a wiki page of the data catalogue on the
> region.
>     Then make a link to catalogue page from [Potential Data Source] page.
>
> [Potential Data Source]のページで項目を作成。場合によっては[Contributors]ページにも追記が必要?
> 個人的には、データのカタログページをつくって、[Potential Data Source]からはそのページヘリンクすればよいのでは、と思っています。
>
> 日本のカタログページは以前どなたかが作ってくれていたと思うのですが、探しだせませんでした。。。情報求む、です。
>
> もちろん、データセットをインポートする際には、Imports MLなどでの協議が別途必要なのは言うまでもありません。
> (ちなみに、日本語版ページの翻訳が追いついていませんが、最近協議の方法がちゃんと明文化されました)
>
>
> 以上を踏まえて。
>
> 1. sourceタグについて
> データの一次所有は、それぞれの自治体に帰属するかと思っています。
> なので、"データ提供"の項目にある自治体名ではどうでしょうか。
>
> source = "Shizuoka Pref." or "Susono City" ...
>
> また、OSMでトレースを行った変更セットに対して、
> コメントとしてOSM wikiのページを書いておくとよいかな、とも思っています。
> (それぞれのデータにまで入れる必要はないのでは、と思っていますが、他にご意見あればください)
> source_ref = "URL OF OSM WIKI PAGE"   / on Changeset comment
>
> 2. OSM Wikiページ
>> 鯖江市 http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Sabae のページをまねて作ればよいでしょうか
> 僕がいうのもアレですが、もうちょっと細かく記載したほうがよいかもしれません(^^;
> 必要そうな項目ですが、先に上げた内容があれば、あとから参照したひとが幸せになれる気がします。
>
> 確かに手間はかかりますが、1年後に資料がなくて困るよりも、先に苦労しておいたほうがいいかなと。
> 静岡ができてしまえば、あとはコピペで各自治体版を作れる気がします。
>
> 3. ライセンスについて
> はい、上記OSM wikiページ内でふれておくとよいのではないかと思います。
>
> なお、CC BY(特に、日本で採用されることの多い2.1JP)とODbLとの親和性を気にするかたも居ると思います。
> 最近のimports MLを見ていると、BYであればおおむね問題はないように思えます。
> (蛇足ですが、CC 4.0がリリースされてDatabase権もカバーされたようで、海外ではそちらを利用している行政も出始めているようです。
> 個人的には、Open Government Licenceの利用が進めば良いな、と思っていたりします)
>
> 問題になるのは 第5条、b の実現方法かと思いますが、他に気になる文言あれば指摘ください。
> http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/legalcode
>
> なお、必要に応じて、県の担当の方へ問い合わせを行うことは可能ですので、
> 「権利主体の了解が必要ではないか」という向きがあれば、確認を実施することは可能です。
> (なんかOpenData的に本末転倒ですが)
>
>
> 1. 日本のOpenDataのカタログページをつくる
> 2. [Potential Data source]のページから、カタログページへリンクをはる
> 3. 各データの解説ページをOSM wikiでつくる。このページで、データの内容やライセンスについて記載する。
> 4. 各データの解説ページとカタログページをリンクさせる
>
>
> --
> Satoshi IIDA
> mail: nyampire @ gmail.com
> twitter: @nyampire
>
> _______________________________________________
> Talk-ja mailing list
> Talk-ja @ openstreetmap.org
> https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>



-- 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
早川知道 (Tomomichi Hayakawa) Tom.Hayakawa @ gmail.com

うえこみ春日井小牧 - http://www.kasugai-komaki.jp/
Malaika System - http://malaika-system.com/
blog - close to you - http://malaika.air-nifty.com/
OSM Tokai - http://groups.google.com/group/OSM-Tokai
XOOPS Cube TOKAI - http://xc-tokai.net/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=



Talk-ja メーリングリストの案内