[OSM-ja] ローソンデータのインポート時タグ定義

Satoshi IIDA nyampire @ gmail.com
2013年 10月 1日 (火) 02:47:58 UTC


いいだ@個人帽子です。

nameタグのカッコ書きについての議論が一段落したようなので、
ローソンインポートについての議論を再開させてください。
インポート用データとして、情報をどのタグとして表現するか、いくつかの案がでています。

nameタグのなかに店舗名まで入れるかどうか、という点が議論のポイントになっています。
# 他のタグについてはそんなに意見なさそう?
# atmやお手洗いのタグは、インポートデータとしては含まない、ということで一致しているかと思います
# https://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-ja/2013-August/007570.html

http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Lawson_hackathon_2013

■ローソンほげほげ店、というデータがあったとして
・現行表記:
name = ローソン(LAWSON)
name:en = LAWSON
branch = ほげほげ店
brand = LAWSON

・山下案
name = ローソン
name:en = LAWSON
branch = ほげほげ店
brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソンストア100)

・古橋案
name = ローソン ほげほげ店
name:en = LAWSON
branch = ほげほげ店
brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソンストア100)

・いいだ案
name = ローソン
name:en = LAWSON
official_name = ローソン ほげほげ店
branch = ほげほげ店
brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソンストア100)

■いいだ案についての補足
nameタグに、支店の名称は含めないほうがよいのでは、と思っています。
詳しい意見は前回のメールに記載しています。
https://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-ja/2013-August/007580.html

ちょっと意見に追加あるので、サマリとしてまとめると以下かな、と思います。

・【新意見】nameタグに複数の情報が入っていると、独自レンダリングする際にも不都合なことが多い
・【新意見】name:enタグに入れる情報との整合性 (name:en では "LAWSON"の表記です)
・過去ルールとの整合性 (http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Naming_sample)
・branchタグはProposal段階だが、すでに広く使われている

http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Key:branch
(discussionページでも、name:* との使い分けについて議論されてますね (^^; )



2013年8月31日 22:26 Satoshi IIDA <nyampire @ gmail.com>:

>
> いいだです。
>
> 例示がないと、どういうことが問題になっているのかわかりづらいのでw
> 勝手に例をつくってみると、以下のようなかんじと思います。
> 古橋さんの書かれていることは、もうちょい例示があったほうがよいとおもいます。補足いただけると嬉しいです。
>
> ■ローソンほげほげ店、というデータがあったとして
> ・現行表記:
> name = ローソン(LAWSON)
> name:en = LAWSON
> branch = ほげほげ店
> brand = LAWSON
>
> ・山下案
> name = ローソン
> name:en = LAWSON
> branch = ほげほげ店
> brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソンストア100)
>
> ・古橋案
> name = ローソン ほげほげ店
> name:en = LAWSON
> branch = ほげほげ店
> brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソンストア100)
>
> ■おふたりの意見で合意している内容
> カッコ書きの英語表示はやめようぜ、まではどちらも同じ意見です。
> これは私も賛成します。
> Mapboxや、MapsWithMeなど、多言語をちゃんと扱えるレンダラやアプリケーションもでてきました。
> また、独自にサーバをたてる技術も、かなり一般化してきていると思います。
> osm.orgのレンダリングに引っ張られる必要は、そろそろないのではないでしょうか。
>
> ■nameタグにおける基本方針
> 念のため、nameタグとは「現地で確認でき、現地の人が呼称する一般的な名称」をさします。
> では、その「一般的な名称」とは何を指すだろう、というところで意見に相違があるのだと思っています。
>
> 僕の感覚からゆくと、それは「ローソン」です。
> なので、山下さんの案に +1です。
> また、既存のルール付けとも方向性が合致しており、修正がしやすいかと思います。
>
> なお、Taginfoによればbranchタグは現在 14000ほどの使用例があり、
> プロポーザル段階とはいえそれなりに利用・認知さているタグであるという認識です。
>
> ■インポートによる名称データ
> official_name=* というタグがあります。
> 公式にはどのような名称であるか、を表します。
>
> タグ本来の目的を鑑みるに、ローソンが公式に呼称している名称であれば、
> その情報はここにいれるほうがよいのではないか、という気もしています。
> nameとして山下さんの案か、古橋さんの案になるかは他のかたの意見も伺うとして、
> ローソンさん自身による公式名称であれば、official_nameにいれたほうがよいのでは、という気がします。
> (それならばほとんど競合もないでしょう)
>
> なので、飯田案は以下のようなかんじです。
>
> name = ローソン
> name:en = LAWSON
> official_name = ローソン ほげほげ店 (注:かな? ちょっと自信なし)
> branch = ほげほげ店
> brand = ローソン (or ナチュラルローソン, ローソン100)
>
>
-- 
Satoshi IIDA
mail: nyampire @ gmail.com
twitter: @nyampire
-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: <http://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-ja/attachments/20131001/c9eb7d95/attachment.html>


Talk-ja メーリングリストの案内