[OSM-ja] Mapping Photo with GeoTag

Shun N. Watanabe shunw @ ics.uci.edu
2009年 9月 28日 (月) 11:36:22 BST


nazotoko の渡邊です。

On Saturday 26 September 2009 22:47:22 S.Higashi wrote:
> 東です。お疲れ様です。
>
> > geotag かgeorss が入手できれば、必ず私の作った地図にのりますが、今日その写真類をみて、
> > 始めて Flickrの変な特性に気づきました。全ての写真にEXIF がなかったので、びっくりしました。
> > どうもFlickrでは、著作権表示に Creative commons を指定しないと、本人ですらオリジナルの写真が
> > ダウンロードできないようです。東さんの写真はCreative commons 指定だったので、EXIFが読めました。
> > というわけで、著作権表示の変更もよろしくお願いします。
> > あと、そのURLにあった17 枚の写真は既に載っけてみました。
>
> 表示を確認しました。ありがとうございます。
いいえ。礼を言われるようなことをしてないです。冷静に考えると、東さんには無許可で実験に駆り出していました。
正直それは失礼でした。

> 1点気になったのですが、Flickr上にD&Dで写真を載せた場合
> 手動でやるのでEXIF の持つ位置情報とは当然ながら多少ズレた位置に貼り付きます。
> EXIFが読めているのであれば、EXIF から読み取った位置情報でFlickrが自動生成したgeorssの
> 位置情報を置きかえられると、より正確ではないかと。。
その通りです。自分でやってみないとあんまりわからなそうだったので、色々やって見たところ、
import geo EXIF を有効にしないと、アップロード時にFlickrの地図に乗らず、ドラッグする必要があります。
また、この間は著作権表示次第で、EXIFが読めないと思ってたのですが、それは全く無関係でした。
EXIFを見せないというオプションがPrivacy の設定にあって、デフォルトで見せないになってます。

だから、最終的に私が推奨するFrickrの設定は、
1. EXIFのgeotagを付けて、それを見せるようにする。importはどうでもいい。
または、
2. やっぱりEXIFは見せたくないが、地図に載せたい場合は、import geo EXIF を有効にして、EXIFを見せない。
の二つです。できれば、著作権表示をCCに。なぜなら、そうするとMap Warperとかで、
疑似航空写真とかにする応用が可能になるから。

RSSを集めるブログをとりあえず動かしました。実験台の志願兵を募集します。希望者は
http://mappin.hp2.jp/ 
へ、Flickr, Picasa はもう十分だと思ってるので、普通のブログとかホームページとかMy space みたいなのとか、
そんなの方を優先的に募集します。
まだ、許可もらいに行ってないですけど、すぐにpostmap にアップロードでも良くなると思いますよ。

ちょっと試算したんですが、私は写真一つで50 m 先くらいまで、マッピングできると思っているので、
日本の面積38万平方キロに対して、2億枚ほど写真があれば、日本を埋め尽くせると思ってます。
この数字は非現実ではありせん。国民一人あたり2枚写真を取って、GPS情報に1分、アップロードに5分
かけたら終わってしまうくらいのものです。ログは取れなくても、ポイントなら取れるGPSを国民の
ほとんどが持ってるような国ですので、それも不可能じゃない気がしています。

 Shun N. Watanabe




Talk-ja メーリングリストの案内