[OSM-ja] Mapping Photo with GeoTag

Shun N. Watanabe shunw @ ics.uci.edu
2009年 9月 29日 (火) 01:45:35 BST


nazotoko の渡邊です。

On Monday 28 September 2009 08:36:19 S.Higashi wrote:
> > 正直それは失礼でした。
> いえ、とんでもございません。
それは良かった。

> > だから、最終的に私が推奨するFrickrの設定は、
> > 1. EXIFのgeotagを付けて、それを見せるようにする。importはどうでもいい。
> > または、
> > 2. やっぱりEXIFは見せたくないが、地図に載せたい場合は、import geo EXIF を有効にして、EXIFを見せない。
> > の二つです。できれば、著作権表示をCCに。なぜなら、そうするとMap Warperとかで、
> > 疑似航空写真とかにする応用が可能になるから。
>
> なるほど。EXIF はやや扱いが微妙なので2つの選択肢はあった方が良さそうですね。
> (余談ですが、いずれコナン君のアリバイ崩しネタに登場するのではないかと ^^;)
カメラをよく扱う人に取っては、露光時間とかF 値とか見て結構楽しいものですけど、
多分時間を見せたくない人は多いのでしょうね。確かに推理系のドラマとかに出てきそうですけど、
実際はカメラの時計が狂ってたり、後でEXIFタグを書き換えたりされる可能性もあって、
全然証拠にならない気がすると思ってます。実はわたしが今年そんなことをしましたので。
サマータイム合わせた時にうっかり間違えて1日ずらしてしまったので、
見える時計は正しいのにJOSMが全然写真を合わせてくれなかったという奇妙な日々がありました。
気づいたあと、写真の記録時計を24時進める作業をやってました。何にも改変した痕跡が残らないんですね。

> > http://mappin.hp2.jp/
> > へ、Flickr, Picasa はもう十分だと思ってるので、普通のブログとかホームページとかMy space みたいなのとか、
> > そんなの方を優先的に募集します。
>
> これはEXIF が付加された写真がアップされていてそのURLが分かれば
> geoRSSは無くてもよいということでしょうか。

はい、その通りです。EXIFを拾うには、jpeg全体をダウンロードしなければならないので、
できればRSSの更新時間を見て、更新されれたもののみを拾うつもりです。

 Shun N. Watanabe




Talk-ja メーリングリストの案内