[OSM-ja] OSMに投稿可能なデータの判断基準(案)

Yoichi SEINO say.no00 @ gmail.com
2012年 5月 7日 (月) 16:50:31 BST


清野です。

なるほど。了解いたしました
source_refですね。
ご教示下さいましてありがとうございました。


2012年5月7日23:26 Shu Higashi <s_higash @ mua.biglobe.ne.jp>:
> 東です。
>
> 12/05/06 Yoichi SEINO <say.no00 @ gmail.com>:
>> 清野です。
>>
>> なるほど、source=(url)はそういう意味だったんですね。
>> 妥当だと思います。ただ、そういう利用方法は一般的にされているのでしょうか?
>
> taginfoで見ると多く使われています。
> が、改めて考えると、これまで日本ではインポートのオリジナルデータの在処を
> source_refで示す使い方をしていたので、それにならって
> source_ref=(url)
> の方が良いですかね。
>
>> attributionタグについても理解できました。ありがとうございます。
>> そういう意味だったんですね。
>>
>>
>> 2012年5月6日11:57 Shu Higashi <s_higash @ mua.biglobe.ne.jp>:
>>> 東です。
>>>
>>> 12/05/06 Yoichi SEINO <say.no00 @ gmail.com>:
>>>> 清野です。
>>>> 東さんありがとうございます。
>>>>
>>>> ちなみに、
>>>> http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Key:source
>>>> こちらを見ると、
>>>
>>> これ、日本語ページもあるのですが、なぜか英語ページから言語バーが
>>> 消えていますね。
>>> http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Key:source
>>>
>>>> source=url
>>>> ではなくて、
>>>> website=url
>>>> が推奨されているように見えたのですが、いかがでしょうか?
>>>
>>> 私も迷ったところです。
>>> website=urlは本来その地物のオフィシャルサイトを示しており
>>> sourceの意味合いは暗黙に含まれる程度だと思います。
>>> したがってウェブサイトから情報を転記した場合は
>>> source=(転記したurl)
>>> と明示的に書いた方が、追跡しやすいと考えました。
>>>
>>>> あと、以前東さんの仰っていた、
>>>> source:name=xxxx
>>>> を付けるというのはすごく良い考えだな、と思ったので、それも普及させたいな、と思っています。
>>>> ただ、attributionってタグもあるんですよね…使い分けを悩みます…。
>>>
>>> attributon=*は帰属表示要求(BY)のためのタグだったと思います。
>>> 例えばCC BYライセンスのデータを使った場合にはここに相手が要求している
>>> 帰属表示を書くためのものです。
>>> (c)Microsoft Corp.
>>> とか。
>>>
>>>>
>>>> 2012年5月6日日曜日 Shu Higashi s_higash @ mua.biglobe.ne.jp:
>>>>
>>>>> 東です。
>>>>> sourceタグの列と、これまでの議論を踏まえた内容を追記しました。
>>>>> http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Available_Data
>>>>>
>>>>> 12/05/05 Shu Higashi <s_higash @ mua.biglobe.ne.jp <javascript:;>>:
>>>>> > はい。検証可能性の観点からsourceタグは重要だと思います。後ほどsourceタグの列を追加します。
>>>>> > 東
>>>>> >
>>>>> > 2012年5月5日土曜日 TANAKA Toshihisa tosihisa @ netfort.gr.jp <javascript:;>:
>>>>> >> としです。
>>>>> >>
>>>>> >>> もちろん、最終的な判断は司法の場に持ち込むしか無いわけなのですが、
>>>>> >>> 僕個人の考え方を述べさせていただくと、
>>>>> >>> その高さを各自が自分で測ったのならばそれはOKだと思う(source=surveyになる)のですが、
>>>>> >>> もし誰かが測った情報を使うのであれば、
>>>>> >>> その情報源をsourceとして示す必要があるのではないでしょうか?
>>>>> >>
>>>>> >> 単純な話、自分で測ったもの以外は、何かしら source に入れる必要があるんではないかと
>>>>> >> 思っています。
>>>>> >>
>>>>> >> なにがしかの値が事実情報であるとしても、それが間違っている?と思った場合に、
>>>>> >> 元々が間違っているのか、あるいは入力間違いか判断出来た方が良いと考えています。
>>>>> >>
>>>>> >> http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:License_Compatible_Data
>>>>> >> には、souce
>>>>> > について
>>>>> >> 記載が必要に思います。
>>>>> >> このMLを見ていない日本の OSMer が、この Wiki を読んで、事実情報だから。。。と
>>>>> >> 言う事でsource 無しにデータを投入すると、もしそのデータが使えないと分かった時
>>>>> >> には、削除作業は困難になるからです。
>>>>> >>
>>>>> >> ではこれにて。
>>>>> >>
>>>>> >> _______________________________________________
>>>>> >> Talk-ja mailing list
>>>>> >> Talk-ja @ openstreetmap.org <javascript:;>
>>>>> >> http://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>>>> >>
>>>>> >
>>>>>
>>>>> _______________________________________________
>>>>> Talk-ja mailing list
>>>>> Talk-ja @ openstreetmap.org <javascript:;>
>>>>> http://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>>>>
>>>>
>>>
>>> _______________________________________________
>>> Talk-ja mailing list
>>> Talk-ja @ openstreetmap.org
>>> http://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>
>> _______________________________________________
>> Talk-ja mailing list
>> Talk-ja @ openstreetmap.org
>> http://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja
>>
>
> _______________________________________________
> Talk-ja mailing list
> Talk-ja @ openstreetmap.org
> http://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja



Talk-ja メーリングリストの案内