[OSM-ja] 鯖江市の都市計画図が CC BY で公開されました。

ikiya insidekiwi555 @ yahoo.co.jp
2014年 6月 9日 (月) 11:36:49 UTC


ikiyaです。

本筋とはちょっとずれますが気になったので早めに一点だけ提案です。

wikiにあるようにインポート対象データは
縮尺: 1/2500
空間参照系:JGD2000/平面直角座標系6系(EPSG2448)
データ作成年:2008年
東日本、北陸のデータは基本的にJGD2011で扱われたらいかがでしょうか。

福井県は地殻変動対象域の端っこで実質的には移動量はわずかですが
今後、他の地域でも震災前作成のデータをインポートする事案が出てきた場合の
モデルケースになるかと思います。

福島は変動量大きかったので、震災前から基盤地図情報2500(JGD2000)を
もとに書いていた福島市のOSMは、現在の基盤地図情報2500(JGD2011)と比較して
2m以上ずれました。


--- On Mon, 2014/6/9, Kenya TAMURA <erdkunde.1989 @ gmail.com> wrote:

伊能社中・マップコンシェルジュの田村と申します。

I'll send mail to Imports ML after this local discussion.
鯖江市の「データシティ鯖江」で公開されてたデータを、OSMにインポートをする準備を進めています。
鯖江市が公開しているデータは、多くの情報をもっており、うまくOSMにいかせるようWikiページとデータ・セットを充実させました。

詳しい内容は、以下にまとめて参ります。
Wiki:
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Sabae
データ・セット:
https://github.com/MAPconciergeInc/Sabae_OpenMapData

つきましては、「データシティ鯖江」で公開されているCC BY ライセンスの全データのOSMでの活用に関する議論を行いたいと思っています。データの種類が多いため、どのデータからインポートするのか議論していければと考えております。

すでに鯖江より早くインポートされました浦安市の建物データインポートでの流れが参考になるかと思いまして、「建物」から議論をはじめるのが現実的かと思いますがいかがでしょうか?
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:Import/Catalogue/Urayasu_bld_import

以下に、優先度の高い議題をあげております。

【議題】
A:ライセンス
ライセンスはCC BYを念頭に想定しています。
都市計画図以外 source = “Sabae City”
都市計画図   source = “Sabae City Tokeizu”

B:データの優先度
都市計画図の建物、道路の順にインポートする。
既にあるデータを優先し、重複したインポートデータ側を削除してからインポートします。

C:議論からインポートまでの流れ
議論の流れとして、Wikiページのタグ候補に自由に記述し、MLで議論する。
議論の決着後Wikiページにタグ決定に記述し、インポート作業をはじめる。

データの種類が多いのでインポート作業に関して、
迅速にOSMに反映されるようにしたいと思いますので、皆様のご協力を是非お願い致します。


=========
氏名:田村賢哉(Kenya TAMURA)
所属:NPO法人 伊能社中/名古屋大学大学院環境学研究科
自宅:名古屋市千種区唐山町1丁目55-2タウン唐山B-103号
携帯電話:090-6063-6784
PCメール:erdkunde.1989 @ gmail.com
=========
地理歴史デジタル教育の研究と普及活動をしております。
詳しくは http://www.inochu.org/

2013/09/30 10:10、Satoshi IIDA <nyampire @ gmail.com> のメール:
いいだです。

> "source = Sabae City" を "source = Sabae City Tokeizu"として基盤地図情報(KIBAN)のように
> "Sabae City Tokeizu"(鯖江市の都市計画図データ)の説明をこちらのwikiに書かれればよいかと思います。
> http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Sabae





> OSM wikiページにもデータの作成年とできれば元の都市計画図測量年度が書かればよい

はい、Wiki側を充実させるのはとても賛成です。
sourceの記述変更も、そのほうがよいかな。





このへん、元データが頻繁に更新されるものではない(調査実施が5年単位)ので、
Wikiページ側に情報がまとまっているほうが便利ですね。





2013年9月26日 18:15 ikiya <insidekiwi555 @ yahoo.co.jp>:

ikiyaです。

sourceタグの件ですが、都市計画図データがソースのものは

「都市計画図shapeデータを使いました」とわかるタグがよいのではと思います。

"source = Sabae City" を "source = Sabae City Tokeizu"として基盤地図情報(KIBAN)のように
"Sabae City Tokeizu"(鯖江市の都市計画図データ)の説明をこちらのwikiに書かれればよいかと思います。
http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Sabae


このwikiページには鯖江市の地図情報のページへのリンクが貼られていますが
http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=13892
OSM
 wikiページにもデータの作成年とできれば元の都市計画図測量年度が書かればよいと思います。
sourceタグにデータの年度を入れるまでは必要ないと思いますが、
将来のデータ更新も踏まえて、wiki側に都市計画図データの説明と遍歴が公開されてればいいかなと思います。



_______________________________________________


Talk-ja mailing list

Talk-ja @ openstreetmap.org

https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja





-- 
Satoshi IIDA
mail: nyampire @ gmail.com
twitter: @nyampire

_______________________________________________
Talk-ja mailing list
Talk-ja @ openstreetmap.org
https://lists.openstreetmap.org/listinfo/talk-ja

-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: <http://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-ja/attachments/20140609/a5f67e73/attachment.html>


Talk-ja メーリングリストの案内